パソコンの達人になろう

パソコンの性能

パソコンの性能を決めるのは大きく分けて次の4つの要素です。それはデータ処理スピード・ハードディスクの容量・メモリの容量・データの外部保存装置です。パソコンの性能についてご紹介します。ホームページ作成するなら全ての機能にこだわらなければなりませんがね(笑)

データー処理のスピード

まず、最初にデータ処理スピードですが、これは1秒間にどれだけのデータを処理できるかということを指標にしています。それはHz(ヘルツ)という単位がつけられた指標です。具体的には、ギガヘルツという単位が最近ではよく使われます。このギガというのは10億という単位で、2.0ギガヘルツといえば、1秒間に20億回ものデータ処理を行うことを意味します。この数字が大きいほど処理スピードの速いパソコンというわけです。

この処理スピードを左右するのがCPUと呼ばれるパソコンの心臓部です。セントラル・プロセシング・ユニットの略です。実体は3〜5cm四角で厚さが数ミリの黒いタイル状の板です。細い金属製の足がたくさん下に突き出ていて、これらをパソコンの基板に差し込んで固定すると同時に、これらの足を通して信号のやり取りをしているわけです。このCPUはメーカーによって性能も違いますし、同じメーカーでも機種によって性能に差があります。

現在もっとも有名で多くの高性能パソコンで使用されているのは「ペンティアム」というCPUです。次に多いのが「セレロン」というCPUで、どちらも「インテル」という会社の製品です。このインテルはマイクロソフト社との提携で性能的にウインドウズと相性のいい製品を作っているので一番多く選ばれています。

ハードディスクの容量

次にハードディスクの容量ですが、そもそもハードディスクとは何かというと、パソコン内に入れられている各種のプログラムや作成中のデータなどが保存される装置で、容量の大きさを表す単位はバイトで、40ギガバイトとか100ギガバイトといった数値が最近は見られます。つまり、4百億バイトとか1千億バイトという単位です。

ここで簡単に単位の比較をしてみると、1バイト(Byte)の千倍が1キロバイト(KiloByte)、さらにその千倍がメガバイト(MegaByte)で、さらにその千倍がギガバイト(GigaByte)、そして最近ではもうひとつ上の千倍の単位としてテラバイト(TeraByte)というのも目にするようになりました。取り扱うデータが多くなってきたためです。
文字データだけならメガバイト単位で十分すぎるほどだったのですが、絵や写真を扱うようになってデータ量が増えてきたので、ギガバイトという単位まで保存する必要が出てきたわけです。さらに動画や映画などの何時間もの動く映像を何本も扱うとなるとテラバイトという単位が必要になってきます。

ハードディスクを直訳すると硬い円盤となりますが、本当に金属などの硬い薄い円盤が何層にも串刺しされたようにセットされていて高速で回転しています。この円盤の表面に磁気的・光学的にデータが記録されるようになっています。この円盤の枚数や円盤単位での記録密度の高低によってデータ記憶容量が決まります。
またこれらの円盤は同じスピードで高速回転するのですが、そのスピードが速ければ速いほど記録や読み取りのための時間が短縮されるので、パソコンの反応が早く人間側が操作待ちをしなくてもよいのでストレスがたまりません。

メモリの容量

次に、メモリの容量ですが、ここでいうメモリとはパソコンが作業をするためにプログラムや作業内容を一時記憶しておく場所で、ここへの記録や取り消しの作業にかかる時間は非常に短く、この記憶容量が大きいと、当然さまざまな作業がスムーズに展開できますが、容量が少ないと、足りない分をハードディスクの一部に一時記憶したりして、かなり処理速度を遅くしてしまう原因になります。

パソコンで文字しか扱わなかった時代には、16MB(メガバイト)位あればメモリは十分でしたが、最近では写真加工などが増えてきて、64MBから128MBは少なくとも必要になりました。また、動画を編集するとなると、512MBから1GB(ギガバイト)は必要となってきます。

データーの保存装置

最後に、データをパソコンの外に保存する装置についてですが、ウィンドウズのパソコンになってからは3.5インチフロッピーディスクに加えて、コンパクトディスクという記録媒体が現れ、CD−ROM読取装置が標準的に搭載されるようになってきていました。 その後、さまざまな光磁気媒体が開発され、CD−RやCD−RWといった記録媒体に記録保存するするための装置が標準的に搭載されるようになり、さらに最近ではDVDという規格が現れ、DVD−RやDVD−RAMなどの大容量記憶装置さえも標準で搭載されることが多くなってきました。

このようにパソコンの性能は日々向上していっているのです。

recommend

ドクターアイズの口コミ情報
https://kuchiran.jp/beauty/more/m_megane_dreyes.html

Last update:2017/2/15

Copyright (C) 2008 パソコンの達人. All Rights Reserved.